メルカリに続け!ユニコーン候補92社の名前

未上場で時価総額10億ドルを超える急成長スタートアップをユニコーンと言い、ベンチャーの活力の目安とすることが定着してき。幻の一角獣(ユニコーン)と1billion(10億ドル)の語感とイメージを重ねた表現であるのだが、これらの企業が次のグーグル、フェイスブック、アマゾンや、次の百度、アリババ、テンセントになり、経済を牽引するといわれている。

現在、米国では100社以上、中国で60社以上のユニコーンが生まれている一方で、日本ではユニコーンはほとんど存在しない。このような事情を受けて、政府の成長戦略として6月15日に閣議決定された未来投資戦略2018では、「2023年までに20社のユニコーンを創出する」ことが明記された。

J-Startup選定企業の第1弾として、選定されたのは以下の92社だ。

ArchiTek、ispace、AWAKENS Inc.、アクセルスペース、アストロスケール、ABEJA、アラヤ、AlpacaJapan、Idein、Inagora、InstaVR、インフォステラ、WHILL、エイシング、エーアイシルク、エクサウィザーズ、エディジーン、エルピクセル、エレファンテック、O:(オー)、お⾦のデザイン、Origami、オルツ、カウリス、キュア・アップ、QPS研究所、Kyulux、Kyoto Robotics、クオンタムバイオシステムズ、クラウドワークス、GROOVE X、Global Mobility Service 、 Cogent Labs、ココアモーターズ、コネクテックジャパン、CYBERDYNE、GRA、JTOWER、Studio Ousia、Spiber、スペースリンク、SmartHR、スマートドライブ、すららネット、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ、ZMP、SORABITO、チャレナジー、tsumug、テラモーターズ、テレイグジスタンス、Trigence Semiconductor、トリプル・ダブリュー・ジャパン、ナノエッグ、⽇本環境設計、PKSHA Technology、バイオーム、パネイル、P・マインド、ピクシーダストテクノロジーズ、ビザスク、VISITS Technologies 、BizteX 、ビズリーチ、FiNC、Photo electron Soul、Preferred Networks、Fringe81、FLOSFIA、ペプチドリーム、Holoeyes、マイクロ波化学、マネーフォワード、MAMORIO、MUJIN、メガカリオン、mediVR、メルカリ、メルティンMMI、ユーグレナ、ユーザベース、ライフイズテック、ラクスル、リーズンホワイ、LeapMind、Liquid、リバーフィールド、リプロセル、ルートレック・ネットワークス、レキオ・パワー・テクノロジー、レグセル、WAmazing(50音順、2018年6月15日現在)

  • 政府の支援としては
    ・J-Startupロゴの使用(選定企業としてのブランディング)
    ・特設ホームページ、国内外メディアによるPR
    ・大臣等政府の海外ミッションへの参加
    ・海外・国内大規模イベントへの出展支援
    ・各種補助金等の支援施策における優遇、手続きの簡素化
    ・ビジネスマッチング(大企業幹部、省庁等への個別のつなぎ)
    ・規制等に関する要望への対応

グローバル展開を支援することで、ユニコーンを創出するのがJ-Startupの狙いなのだが、日本からメルカリに次ぐユニコーン企業の創出が楽しみだ。

参照:J-Startup

ルート・アンド・パートナーズで日本版DMO地方創生をはじめ、事業承継等のご相談の他、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事一覧

  1. 富裕層投資家も注目するサンフランシスコのスタートアップ企業

  2. 米スタートアップ育成機関「Yコンビネータ」が富裕層エンジェル投資家向け無料オンライン講座を開講

  3. 遂に登場、株式投資型クラウドファンディング!

  4. スタートアップへの投資に関心が高い富裕層投資家が注目するロシアのスタートアップエコシステム「スコルコボ」

  5. 富裕層投資家も注目しているレベニューストラテジーサミット(Revenue Strategy Summit)

  6. 富裕層ビジネスオーナーも必見! 損保会社がつくるイノベーションラボ「D-STUDIO」