海外進出

ビジネスオーナーにとって、海外進出は事業を拡大する上で重要な施策のひとつです。当然ながら事業の内容などによってどの国や地域に進出するのが適切かは異なります。たとえば、カネカの付け毛は文化的・産業的にアフリカが最適でしたし、東洋水産のインスタントラーメンはメキシコで大ヒットしました。

とはいえ、海外進出において進出先を決める基本的なポイントはあります。それは人口やGDPなど、その国の経済規模を表す指標となるデータです。人口が多い方が自社の商品やサービスを買ってくれる人は多くなりますし、商品やサービスを買う余裕があるほうが自社の商品やサービスを買ってくれる可能性は高くなります。

また、距離や日本に対する考え方なども重要な指標になります。距離が近いほうが当然ながら商品の輸送費がかかりませんし、新日家が多い国のほうが日本の商品やサービスを買ってくれる可能性は高くなります。

もちろん上述の内容は一般的なものであり、冒頭でもふれたように事業の内容などによって最適な進出先は異なります。ビジネスオーナー総合研究所では、当社のシンガポールへの進出経験なども活かしながら、ビジネスオーナー(当社富裕層顧客)の海外進出に関する様々な相談の対応や問題解決支援を実施しています。

海外進出についてより詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

ウェブサイトはこちら

また、海外進出に関するお問い合わせやご相談は、下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせ・ご相談はこちら