婦人靴専門店の卑弥呼、投資会社の買収に応じ再建へ

婦人靴専門店の卑弥呼が、投資会社のリサ・パートナーズのTOBによる買収に応じ、上場廃止になることが決定しました。

卑弥呼は、今までメインとして百貨店や直営店を通じて、「卑弥呼」や「ウォーターマッサージ」などのブランドを展開してきました。
しかし、近年アパレル企業が靴の販売も行うなど競争が激しくなっただけではなく、スニーカーブームによって婦人靴の需要が落ち込みました。

これからは、他の業種とコラボレーションした商品開発や、ネット通販、海外展開などを通じて再建を図っていくそうです。

関連記事一覧

  1. 富裕層向けラグジュアリークルーズ、金沢港へ

  2. SARSコロナウイルス抗原キット

  3. ヤマダ電機、買収で化粧品事業に参入

  4. フラワーアートイラストレーターの騎手 Crace Ciao氏

  5. インテグラル、大手アパレル会社のイトキンを買収

  6. 買収で田崎真珠の再生に踏み出したMBKパートナーズ