米の銀行買収

銀行の買い取りに関して著名な経営コンサルタントとして知られるロビン・トレハン氏は、下記の様に米国の小さな銀行が理想的な投資対象だと指摘しました。

 

========================================

ここ100年間で最も悲惨は経済恐慌の一つと言われる大不況から生き残るため、米国の金融部門は、大虐殺ともいえる血みどろの戦いを強いられてます。
取引高が何億ドルもあり、倒産することが考えられなかった巨大銀行ですら、最近の金融恐慌で多くが潰れて行きました。
多くの生命が自殺により失われ、労働者に解雇通知が乱発され、企業はトランプの一組のように簡単に倒れました。

 

この全ての混乱の中で 金融部門の1つの実体がその無くなっている威信と重要性を取り戻しました。すなわち小さな銀行です。
大きな銀行の高いバランスシートの中で、小さな銀行は最小のリスクと小さな資産運用を続けることで、地味に運営されてきました。小さな銀行は好景気の不動産市場に大きな関心を払わず、誤った投資を避けました。

こうした小さな銀行の運営方法が、結果として米国内での信頼の復活につながりました。そして、小さな銀行の活動は米国でも、ますます顕著になり、異なる階級の人々が小さな銀行に投資するようになっています。

 

インターネットでは 小さな銀行や 中規模の銀行が売り出されており、顧客の望みに応じた銀行を簡単に見つけられます。
一般的な小規模の銀行は、約400万USドルで買うことができます。
小さい銀行は、その拡大の可能性を多く秘めているだけではなく、多くの資産になる可能性も秘めているのです。
つまり、小さい銀行は、常時高いレベルで米国民の信頼を得ています。

小さな銀行は、拡大するニッチなマーケットを探すことができ、また現在のトレンドに乗ることも可能です。
小さい銀行の向上と拡大は、その経営にかかっています。
小さい銀行は、ややこしい機能があるわけではないので、アインシュタインのような天才でなくても小さな銀行の経営はできます。

小さい銀行は、その銀行のある地域で、その地域社会で調和の取れた関係を築き、小さい銀行だからこそ利用できる顧客層の支持を得ることができます。
今、伝統的な経営方針を持つ(監査上クリーンな)銀行は、理想的な投資対象と言えるでしょう。

========================================

 

米国の小さな銀行の買収に関心のある方は、お気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

関連記事一覧

  1. Avista Hideaway

  2. ビジネスオーナー必見:AIを活用したコンテンツ生成と効果的なコンテンツ配信戦略

  3. VINPEARL

  4. Ferrari 488 Pista 発表 サーキット由来の高揚感とパフォーマンスが見事に融合

  5. 欧米豪富裕層の合言葉、プライベートジェットの雄ボンバルディアのフラッグシップを解剖

  6. テクノロジーと伝統の融合 – NTTドコモが挑む名護市での新たな再保険事業