富裕層や投資家が注目!ルノー・日産・三菱がCVCを設立

写真:©Adobe Stock
大手自動車メーカーであるルノー・日産・三菱連合は、電化、自律運転システム、ネットワーク、人工知能などニュー・モビリティに関連する分野に投資する10億ドルのCVCファンド「Alliance Ventures」を立ち上げた。すでに最初の投資を行っており、Ionic Materialsに出資し、エクイティーを取得。Ionic Materialsは、バッテリー技術を開発する企業で、Bill Joy氏も投資している。スタートアップやオープン・イノベーション・パートナーシップに対し、初年度で最大2億ドルを投資し、5年にかけ毎年同程度の投資行う予定だという。

最初の投資先がバッテリー技術を開発する企業であることは、自動車メーカーがいかに電化に意識を向けているかの現れだ。初めてIonic Materialsが自社の技術を発表したとき、固体でコバルトを含まないバッテリー素材は「救世主バッテリー(Jesus Battery)」と一部で称された。3社連合は今回の投資で、この固体ポリマー電解質の製品化のため、マサチューセッツに拠点を置くIonic Materialsの研究開発を支援する。

ルノー・日産・三菱の出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい。この3社連合と同じ規模でテクノロジー業界に資金を投じようとしているのは世界第2位の自動車メーカーであるVolkswagenだ。Volkswagenにはベンチャー投資の専門部署はないが、企業へ直接投資を行い、他の自動車メーカーとジョイントベンチャーを立ち上げるなどしている。

この経験はルノーにとってショックだったかもしれないが、彼らもすでに立ち直っているようだ。ルノーは2022年までに純粋に電気で走る自動車を12種提供する計画だ。他にも40の自動運転車とロボティクスを活用した配車サービスも提供する予定でいる。

参照:Tech Crunch

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向資金調達の動向をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事一覧

  1. 富裕層ビジネスオーナーも必見! 損保会社がつくるイノベーションラボ「D-STUDIO」

  2. 富裕層投資家も注目!Gunosy子会社がCVCを9月に設立

  3. CVC