CVC

CVCとはコーポレートベンチャーキャピタル(Corporate Venture Capital)の略で、投資事業を本業にしていない企業が、自社事業とシナジーの高いスタートアップなどに投資するファンドを組成することから始まるケースが多い。
有名なところだとインテルキャピタルなどがその代表例だろう。
最近日本企業でもCVCの発想を取り入れ、オープンイノベーションを標榜して事業のタネを見つけようとしているところが出て
きた。
KDDIや京急電鉄、JTBなども動き出している。
このような社会情勢を俯瞰して、富裕層事業オーナーが自社事業と関連性の高い事業に投資する、あるいは、ジョイントベンチャーを始めるようなケースがようやく日本にも根付いてくるようになってきた。
純資産は高いものの次のビジネスのタネが見つからない富裕層事業者CVCは、大企業の成功事例が増えれば増えるほど続出してくることになるだろう。

関連記事一覧

  1. 富裕層投資家も注目!Gunosy子会社がCVCを9月に設立

  2. 富裕層ビジネスオーナーも必見! 損保会社がつくるイノベーションラボ「D-STUDIO」

  3. 富裕層や投資家が注目!ルノー・日産・三菱がCVCを設立