子供への事業承継の際に!

日本は今後約10年に渡って驚くべき産業構造の変化、とりわけ事業継承における産業構造の変化が間違いなくもたらされる国といって間違いないでしょう。

いわゆるメーカーは、数世代にわたって続き、時代の変化に対応しつつ「老舗」の称号を勝ち取っていく企業と、残念なことに時代の波に飲みこまれていく企業の差が広がっていくことが想定されます。
前者はほとんどのケースでは、既に事業が程度の差はあってもグローバル化している場合が大半です。

しかしながら今後起こることが容易に想定される大きな変化は、むしろサービス業の多様化というものです。
とても多いケースとして、子供の世代のビジネスとして飲食つまりレストランを開始するというケースがあります。
食への興味や参入障壁の低さがそうさせるのでしょうが、言い換えれば事業としては「?」がつくケースも少なくないでしょう。

同様の発想で、また、強力なサポーターがいることを前提条件として、子供への事業継承の一環としてファッションブランド買収の相談をいただくことがとても増えてきました。
この流れは加速しそうです。

関連記事一覧

  1. 「必要とされる存在」になるためのパーソナルブランド

  2. AYANA Resort and Spa Bali

  3. カンボジア進出研究会

  4. ヤマダ電機、買収で化粧品事業に参入

  5. ワインオーナーズクラブとは

  6. Belize