富裕層セレブの社交場「ヨットクラブ」の秘密に迫る

富裕層の社交場にもなっている、会員制のヨットクラブの存在をご存知だろうか。
クラブハウスの2階にはレストランとバーがあり、温水プールなどの施設も充実しており、夜もハーバーを眺めながらのロマンチックなディナーが楽しめ、貸し切りにできるパーティールームがあることも富裕層から喜ばれる理由でもあります。欧米豪の富裕層にはとても人気の高い、ヨットクラブではあるものの、日本においては、まだまだ認知度が低いとも言えます。
2020年に東京オリンピック(五輪)が開催される五輪種目の中で、「セーリング競技」での認知度の高さがまだまだ日本においてはマイナー競技であり、今後日本国内におけるヨットビジネスに期待を寄せたい。

記事元(日刊スポーツ)はこちらから

関連記事一覧

  1. FashionとTechnologyの交差点を創る

  2. 一流シェフを呼ぶという経験を買う

  3. インドネシア進出研究会

  4. TRANBI(トランビ)安曇野市事業承継推進グループと提携

  5. Dominica

  6. 不動産オーナーズクラブとは