ココ・シャネルのパーソナルブランディング

多くの女性が憧れる女性像に世界的ブランド「CHANEL」を創業したデザイナー、ココ・シャネルがいます。彼女も女性社長の一人であり、パーソナルブランドを確立していました。
ココ・シャネルには、さまざまな語録がありますが、彼女がパーソナルブランドを語っている言葉があります。
「ウェストミンスター公爵夫人は他にもいるけど、シャネルはただ一人」
「かけがえのない人間になるためには、常に他の人とは違っていなければならない」
「時代が私を待っていたの。私は、この世に生まれさえすれば良かった」
絶対的な自信にあふれた言葉が続きます。パーソナルブランドは、自分自身を知り、自分らしく生き、自分自身を認めさせ、誰かのために「かけがえのない存在」となることです。
自分が代わりのいない「かけがえのない存在」であることを信じていたことが、これらの語録からも伺えます。そして、彼女が成功したのは、他人の批評に耳を貸さずに「自分らしく」生きたからだと言われています。
「みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でも、それが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったからよ」
パーソナルブランドを確立している人だけが語ることのできる、確固たる自信にあふれた言葉だと思います。多くの女性が憧れるのもうなずけます。

関連記事一覧

  1. 日本企業の創業者の格言を参考にする

  2. 憧れる女性の条件は「自立」と「自由」

  3. 不動産オーナーズクラブとは

  4. 欧米豪富裕層の合言葉、プライベートジェットの雄ボンバルディアのフラッグシップを解剖

  5. Ferrari 488 Pista 発表 サーキット由来の高揚感とパフォーマンスが見事に融合

  6. シンガポールでの起業に自然体で挑戦