ジャパントリップレポート

2015年2月下旬、NUSのリークワンユー公共政策大学院(以下LKY)の学生30名強が参加したジャパントリップの歓迎会が学士会館で実施されました。

参加者は現在は大学院生とはいえ、主にASEAN地域の政治/経済の中心人物になっていくことでしょう。
日本からも福田達夫衆議院議員をはじめ、政治家、官僚も歓迎で出迎えました。

スザイナカディールLKY副院長は、「5回目となるジャパントリップはLKYの重要事業のひとつ。このような小さな活動を続けることは以外と難しい。学生もこのトリップの企画を通じてリーダーシップのあり方や続けることの重要性を学び、LKYにいることの意味に大いにつなげてほしい」と語りました。
「シンガポールの父」の名前を冠する大学院としての存在価値は、ますます高まっていくことでしょう。

関連記事一覧

  1. Vietnam Now Vol.1

  2. 信販

  3. 二代目経営者のジレンマ

  4. 愛知県が取り組む「Accelerate Aichi by 500 Startups」

  5. 病院オーナーズクラブとは

  6. TRANBI(トランビ)安曇野市事業承継推進グループと提携