Belize

中南米の小国Belize/ベリーズは、1996年のオフショア銀行法により無税のオフショア銀行を提供しています。ベリーズは、旧英国領であるため中南米では唯一、英語が公用語となっており、オフショア銀行を設立する時の言語障壁が比較的低い国と言えます。

 

ベリーズは、パナマ、ケイマン諸島、英領バージン諸島のようなタックスヘブンにあるオフショア銀行に関する法律の最も良い点を採用して、最も現在的で魅力的なオフショア銀行に関する法律を制定しています。

ベリーズは最も安全なオフショア地域と評価されており、オフショア銀行に関する法律は、ベリーズを世界で最も優れたオフショア金融センターの一つと位置づけています。無税の金融機関を立ち上げるのに、ベリーズのオフショア銀行は理想的な方法と言えます。

ベリーズのオフショア銀行では、一般から預金を集め、ローンを提供し、株仲買人を行い、抵当権ビジネスを行い、貯蓄をしたり、CD(Certificate of Deposit:第三者に指名債権譲渡方式で譲渡が出来る無記名の定期預金)、外国為替、クレジットカードの発行、Eコマースをすることが出来ます。

ベリーズのオフショア銀行は、複数の異なった国々に支店を作り、金融ビジネスを世界的に展開できます。また、この銀行はインターネットバンクに特化しても構わないし、インターネットと従来通りの店舗型の複合形態でも構いません。

ビジネスグループや関連会社は、オフショア銀行を運営することで、新たなビジネス展開ができるようになります。そして、オフショアの自分の銀行に資産を保全することで会社の利益を高め、節税し、銀行のチャージと金利を減らし、自国での出費や負債を減らすことで他社との競争に勝つことが可能です。

ベリーズ・オフショア銀行には以下の特徴があります。

税金面:ベリーズのオフショア銀行には税金が掛かりません。

株主:最低1人の株主が必要です。そして登録株が発行されます。株主の情報は公開されませんが、株主の情報は、ベリーズで銀行が登記された事務所の中に保管されていなくてはなりません。

役員:役員はどこの国籍の人でも良いのですが、2人の役員は、ベリーズ国籍の人でなくてはなりません。この2人は、銀行業の経験が豊富でなくてはならず、彼らによってベリーズの事務所は維持されなくてはなりません。

年次報告書とタイムスケジュール:年次報告書は中央銀行に提出しなくてはなりません。月々の収益も申告しなくてはなりません。持ち株会社は、72時間以内に設立可能で、おおよそ90日で、全ての書類が揃い、安全な銀行ライセンスが取得できます。

設立できる銀行のクラス:“クラスA”の銀行は、無制限で、どんな銀行取引でもできます。最低資本金は、USD500,000です。

“クラスB”の銀行は、世間一般から資金を集めることはできません。このクラスB
の銀行は、基金として、もしくは銀行を設立する人の関連する集団や会社に対する銀行として、活動することが可能です。最低資本金は、USD200,000です。

現地の要求する条件:このベリーズの銀行は、本店の住所がベリーズ国内になくてはなりません。そして2人のベリーズの国民を役員にしなくてはなりません。

ベリーズでのオフショア銀行設立に必要な資金に関するご相談も含めコンサルタントをご希望の方は、お気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

関連記事一覧

  1. 丸紅グループが富裕層の事業継承支援ファンドを設立

  2. USA

  3. カナダ1

  4. ベトナム進出研究会

  5. 富裕層向けの取り組み強化を続けるリビエラリゾート、世界的ヨットブランド「SWAN」シリーズの独占販売契約を締結

  6. TRANBI(トランビ)安曇野市事業承継推進グループと提携