多くの名言を残した松下電器産業の創業者

日本には、大企業から中小企業まで数多くの会社が存在します。
中でも、電化製品を主に作る松下電器産業は、日本ならず世界に轟く企業です。
創業者の松下幸之助さんは、一代で会社を築き上げたすごい人です。
経営の神様と言われ、多くの経営者が尊敬を止まない人物です。
オーナーでありながら、庶民派でもあり多くの名言を残しています。

例えば、仕事が好きな人だったので汗、諦めない、希望という言葉をよく使いました。
名言の一つに、「とにかく働け あとは運命だ」という言葉を残します。
社会へ出れば、仕事をする事が人間の宿命です。
毎日働いていれば、自然と人生が開けていくという事を伝えたかったそうです。

また、創業者として社員、お客をとても大事にした人物でもあります。
社員には、厳しさと愛情を注ぎ、叱る事と褒める事を使い分けていたそうです。
松下幸之助は、汗と言う言葉も好きらしく仕事の成功は汗から生まれると名言しています。
成功した創業者だからこそ、身を持って経験した言葉と言えます。

関連記事一覧

  1. 欧米豪富裕層の合言葉、プライベートジェットの雄ボンバルディアのフラッグシップを解剖

  2. CEOの肖像〜株式公開前夜に何を思う〜

  3. ワインオーナーズクラブとは

  4. ココ・シャネルのパーソナルブランディング

  5. 知っておきたい創業者の悩み

  6. 「必要とされる存在」になるためのパーソナルブランド