伝統と革新への期待を胸に「ルイ13世」が放つ”本物”の香りと味わいに酔いしれる

東京・大阪で本誌読者を招待したディナー会を開催
HighNetWorth Magazineの読者を招待し、東京と大阪で「ルイ13世」のテストテイスティング&ディナー会を開催しました。

世界中で愛されるコニャック「ルイ13世」
世界中で愛される「ルイ13世」。
1874年の誕生以来、歴史的な祝賀行事の際には必ず供されています。
20世紀前半、オリエントエキスプレスやノルマンディー号の処女航海でふるまわれたと言われています。

CoffretOuvert_BD01b

ヨーロッパの王室・皇室御用達として任命され、ド・ゴールやチャーチルにも愛された「ルイ13世」は、現在の変わらず”コニャックの王”としての地位を維持し続けています。

継承され続ける「風味の記憶」
「ルイ13世」の原料となるブドウは、フランスのコニャック地方の中でもグランド・シャンパーニュ地区と呼ばれる、極めて限定的な場所でのみ作られます。
柔らかな石灰質の層と、温和な気候、適度な卓越風、1年を通しまんべんなく降る雨というこの地区の特徴は「ルイ13世」となるブドウ作りに最も適した条件を満たしています。

ブドウの収穫は香りの成熟度が最高の状態になったときに行われ、伝統的な圧搾機で搾られた果汁は1〜2週間かけて自然発酵させます。
その後2回の蒸留を経て、100年後に「ルイ13世」となる可能性を持ったスピリッツが生まれます。
100年という長い年月を経て生まれた1200種ものオー・ド・ヴィー(原酒)がブレンドされることで、「ルイ13世」という複雑な香りを持つ類いまれなコニャックが完成するのです。
風味の記憶が継承されるこのブランドという工程が、時代を超越した味わいと引き出し、多くの人々を魅了してやまないのです。

5代目セラーマスターのバティスト・ロゾワー氏
歴代のセラーマスターによって伝統が受け継がれてきた「ルイ13世」。
その5代目セラーマスターに2014年に就任したバティスト・ロゾワー氏。

【プロフィール】
2014年に5代目セラーマスターに就任。
20世紀初頭のセラーマスターより厳選され熟成された、年月を重ねた古いオー・ド・ヴィー(原酒)を扱う仕事に携わっている。
今世紀を経てルイ13世として生まれ変わるであろう現在のオー・ド・ヴィーの選別も行っている。

「ルイ13世」の前途洋々たる未来が存分に垣間見えたディナー会
5代目セラーマスターに就任後、単独で初となるバティスト氏。
大阪では、ミシュランガイド関西で6年連続星を獲得しているシェフ率いるリュミエールで実施しました。
京都で多角的にビジネス展開している参加者は、「ルイ13世」ブランドの本質をすぐに理解し、限定品の購入を即決。

東京ではグランドハイアット東京のフレンチキッチン内にある特別なプライベートルーム「シェフズテーブル」で開催しました。

「ルイ13世」を口に含んだ参加者が、「いったい何種類の味がするんだ」と驚きの声を上げてしまうほど、「ルイ13世」を一口味わうと”芳醇”という言葉だけでは言い表すことのできない感覚に襲われます。”本物”が放つアロマと主張は、飲んだ方に「ルイ13世」の伝統の重みを感じさせてくれます。

「ルイ13世」を味わうだけではなく、そのブランドについての分かりやすい説明も行われ、参加者は五感で「ルイ13世」を思う存分体感することができました。

イベント終了後は、どの参加者も満足した表情をたたえていて、これからのバティスト氏が継承していく歴史あるコニャック「ルイ13世」の前途洋々たる未来が存分に垣間見えたディナー会となりました。