丸紅グループが富裕層の事業継承支援ファンドを設立

写真:©Adobe Stock
丸紅株式会社の100%子会社であるアイ・シグマ・キャピタル株式会社は、日本の中堅・中小企業へ投資を行なう「アイ・シグマ事業支援ファンド3号投資事業有限責任組合」を2018年6月29日に設立した。

日本国内において、プライベートエクイティファンドは、株式譲り受けの担い手として、また投資家にとっての運用対象としての期待が高まっている。3号ファンドはアイ・シグマ事業支援ファンド2号の後続ファンドとして設立され、後継者不足の深刻さが増している中堅・中小企業の事業承継案件への投資を中心に、企業統治意識の高まりにより増えている大企業のカーブアウト案件などにも取り組んでいく。

アイ・シグマは2000年に設立され、未公開株式への投資を行なうファンド事業を運営してきた。2000年から4本のファンドを運営し、現在の中核ファンドである「アイ・シグマ事業支援ファンド」は2008年の設立以来、1号および2号ファンドで累計投資数12社、累計投資金額は250億円超となっている。2号ファンドでは、2018年3月に投資した株式会社ショクカイ(業務用食品卸)、株式会社ミスズライフ(ぶなしめじ製造)を含めて、現在6社に投資している。

丸紅およびアイ・シグマは、総合商社としての幅広い業種における知見・ネットワークや、投資ファンドとしての経営手法を活用することで、投資先企業の成長促進、発展に寄与していきます。また、投資先の企業価値向上や産業活性化を通じて、国内の経済・雇用の持続的発展に貢献するとともに、投資家に対して魅力的な運用機会を提供していく。

参照:丸紅/2018年7月2日リリース

ルート・アンド・パートナーズでは事業継承情報情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。